やっと、やっと決断出来た話。




キントレトラジャ単独公演のオーラスに入ってきた。


頭の中の整理が出来てないから文章もごちゃごちゃになるかもしれないけど、あの公演を見た気持ちをそのまま書き残しておきたい。


最初に言っておくとポエマーになるよ。ヒロキに免じて許して下さい。




何から書けばいいんだろうなあ、全部が良かったと言ってしまったらそれで終わりなんだけど、


まず、みゅうとのソロに弟組が出てきた瞬間、単純にすごくびっくりして、すごく嬉しかった。レポによるとその歓声を聴いてかみゅうとが笑ってたみたいでこっちも嬉しくなった。ソロバックをメンバーがやるのが個人的に好きで、ほんの数分のステージだったけど一段と特別に見えた。



それからやっぱりGuys。トラジャから発される熱気も、それに応える客席からの熱気もものすごかった。初日の盛り上がりも凄かったけど、オーラスの一体感はそれ以上だった。


うみちゃんが本当に最後の力を全部振り絞って踊っていて、それが本当にすごく強くて男らしくてかっこよくて、震撼させられた。


それだけ力振り絞った後にダブルアンコでスパノバもやってくれて、トリプルで出てきたうみちゃんは本当に文字通りクッタクタで今にも座り込みそうで、お腹もタプタプで声もそんなに出てなかった。でも、ちゃかちゃんと朝日に煽られて「俺らのこと好きか!本当に好きか!ついてこれるか!そのままでいてくれ!」って叫んでるのを聞いて、この子のこともっともっと応援しようと思った。あの瞬間に降りる覚悟がやっと決まった。


そのままでいてくれ、って本気で思って心の底から出た言葉なんだよね?届いたよ、ちゃんと。めちゃくちゃかっこよかったよ。ヒモなんかじゃなくて、すごく男らしかったよ。うみちゃんがTravis Japanでメンバーと頑張る限りずっとみんなのこと応援させて欲しい。もっともっとうみの綺麗な歌声もダンスも見たいし、その機会を貰えるように出来る限りの事はしていきたい。



3月からずっと悩んできて、クリエに入った時、キスマイのツアーに入って埋もれで全然見えなかった時も、ずっとうみのこと見てて担当名乗りたいかもしれないと思った時もあったけど、あ、今だなって確信出来たタイミングで決意できて良かった。気持ちの整理付けられないうちに名乗らなくて良かった。


降りるつもりなんてなくて、これからが楽しみだな、早くうちわ振りたいなって思ってた時にあの事があったから気持ちが追いつかなかったけど、時間といつでも前しか向いてないトラジャとヒロキが解決してくれたのかな〜なんて私の中のポエマーが言ってますね。


私が好きになってからのこの10ヶ月くらいの間だけでも色んなことがあった。最近好きになったファンが言うのも恐れ多いけど辛いことも沢山あったし、一番応援してた人が別の道に進んで泣いて落ち込んだこともあったけど、トラジャのこと好きになって良かった!トラジャを好きになるきっかけをくれたヒロキありがとう、みんな幸せになって欲しい。この先どんな形になっても、たまに全員で集まっていつもみたいにキャッキャ騒いでて欲しい。


あと、なんだかんだヒロキを好きになった時の楽しさは超えられないしもう担当は作れないかもしれないかもと思ってたんだけど、トラジャ単独公演入ってまたこんなに楽しく熱量を持ってJr.担出来ると思ってなかったな。



全然まとまらないけど、そんなこんなで、仲田拡輝くんから中村海人くんに降りました。


って話したら、私がトラジャ好きになる過程も、2月3月の辛かった時も、悩んでる時も知ってる友達が泣いてくれて、数は少なくても自分のこと気にかけてくれる友達がいてくれて幸せ者だなあと思いました!おしまい!(後で恥ずかしくなりそう)(なる)